(1) 雑誌広告媒体選択とは?

■自社商品・商材・サービスの見込み客に告知するための、
雑誌広告媒体を選択します。
広告媒体選択とは、
見込み客へアプローチする導線確保なのです。

■自社商品・商材・サービスの見込み客と、
重なる受け手を持つ雑誌広告媒体を選択すべきです。

■自社商品・商材・サービスの見込み客の発見が、
雑誌広告媒体を選択の目的だからです。

(2) 雑誌広告媒体選択の重要性とは?

■自社商品・商材・サービスの見込み客を集めることです。
自社商品・商材・サービスの見込み客の集客は、
営業・販売のマーケティングをスタートするための、
重要テーマです。

■見込み客への告知が集客のスタートです。
その為、潜在顧客の発見できる雑誌広告媒体選択が、
必要なのです。

■多種多様な媒体(メディア)の中で、
自社商品・商材・サービスの見込み客と重なる、
読者・視聴者を持つ雑誌広告媒体を選択し、
潜在顧客へアプローチするのです。

(3) 雑誌広告媒体選択に必要なこととは?

■雑誌広告媒体価値の確認です。
発行部数(サーキュレーション)、広告料金(レート)を確認し、
単価を検討し、費用対効果を検討します。
到達率(リーチ)や到達頻度・接触回数(フリークエンシー)を
考慮して検討すべきです。

■自社商品・商材・サービスの、
見込み客の獲得単価を下げるために、
ターゲットの属性の絞込みは必要です。

■自社商品・商材・サービスの見込み客の属性と、
雑誌広告媒体の読者の属性の重複がポイントです。

(4) 雑誌広告媒体選択における問題点とは?

■属性の違う見込み客に、メッセージを伝えることです。
自社商品・商材・サービスの見込み客と、
その雑誌広告媒体の読者の属性が、
なるべく多く重複することが必要です。

■属性の重複が少ないと費用対効果が悪くなります。
その為には、なるべく属性を絞れる雑誌広告媒体選択が、
必要です。

■自社商品・商材・サービスの見込み客に合う、
専門誌、業界紙など、
狭い領域に向け告知可能な、
雑誌広告媒体選択をすべきです。

(5) 雑誌広告媒体選択がもたらす成果とは?

■特定の自社商品・商材・サービスの、
見込み客リストの収集できることです。
濃い見込み客リストは、営業・販売活動へつなげる、
マーケティング活動のファースト・ステップです。

■濃い見込み客リストを収集することができれば、
マーケティング活動のセカンド・ステップである、
自社商品・商材・サービスの見込み客を、
フォローするステップに進むことができます。

●今日の検証(Check)
・見込み客の属性に合った雑誌広告媒体は何か?
・雑誌広告媒体選択を絞り込めているか?
●今日の改善(Action)
・費用対効果を高める!
・雑誌広告媒体選択を絞り込む!