(1)雑誌広告マーケティングとは?

■簡単に言うならば顧客を営業マン(販売員)の前につれてくることです。
つまり集客して、購入意欲の高い顧客を育て上げることです。
集客のファーストステップが、広告です。

■広告で集客する為に必要なことは、
広告のメッセージを通して、顧客の欲求に火をつけることです。
顧客の潜在的な欲求を引き出せばよいのですが、
潜在的に欲求が無い顧客は、見込み客では無いのです。
この顧客層に向けてセールスして、無駄なエネルギーを使ってしまうことがあります。

(2)雑誌広告マーケティングに必要なこととは?

■動機付けです。
顧客自身が持っている潜在的な欲求に火を付ければ良いわけです。
顧客自身のモチベーションを引き出し、
高めることが出来れば、「そのうち客」や「迷っている客」を「すぐ買う客」にすることが出来ます。
動機付けこそが、マーケティングの極意です。
どのようにして、顧客の動機付けをするか、それが重要なポイントです。

(3)雑誌広告マーケティングにおける重要なポイントとは?

■広告を行わずに集客する方法も勿論あります。
営業マンが見込み客リストに基づいてダイレクトに営業する方法です。
営業マンが、その経験から見込み客をリストアップすることはできます。
特定の業種や業界だけをターゲットにする場合には可能かもしれません。
しかし、営業マンにそれなりの経験や業界知識を必要とします。
人の経験と知識によるのですから、属人的でしかも能率的とは言えません。

■まずリスト集めの為の広告が必要となってくるわけです。
集客の為に広告が必要であり、そこに投資することはビジネスの基本原理だということです。

(4)雑誌広告マーケティングにおける成果とは?

■雑誌広告についての戦略を手に入れることができます。
マーケティングをスタートさせるためのファーストステップを、
手に入れることができます。
最終的な売り上げを上げるための重要な戦略を手に入れられるのです。

■自社の広告戦略を開発できます。
マーケティングにおける集客の過程において、
自社の商品・商材・サービスを雑誌広告によって告知し、
集客する広告戦略を設計することができます。

◆チェック・ポイント①◆
◎顧客を営業マンの前につれてくる!
◎顧客の動機付けをする!
◎集客の為の広告に投資する!