(1)雑誌広告のリピートとは?

■広告掲載する際に、媒体の組み合わせと共に重要な、
期間(リピート回数)については、どのように考えるべきか?
どんなに小さいサイズの広告であっても、その効果に充分な反応を得られれば、
継続的な広告は、その効果を発揮します。

■問い合わせ数をチェックし、その後の成約率を見れば、
その広告のROI(費用対効果)が分かるはずです。
効果的な広告の継続は、読者に対してリピート効果による、
商品やショップのブランディングを促進するからです。

(2)雑誌広告のリピートによるブランディングとは?

■特定ジャンルの強力な雑誌が持つ媒体力(訴求力)は、
コアな読者層に向けて、確実に力を発揮することが出来ます。
定期的な(毎月の)広告の露出は、
読者に確実にその商品やショップに対する信頼感を与えることが出来るからです。

■それこそがブランディングのスタートであると言えます。
効果的なパブリシィティー(記事掲載)を組み合わせることが出来れば、
さらに効率的に有効なブランディングが可能でしょう。

■媒体力のある雑誌に継続的に広告を掲載することは、
確実に商品やショップを訴求します。
そこで、継続的な露出については、
しっかりと年間のスケジュールにあった計画と予算を組み立てねばなりません。

(3)年間プラン策定の成果とは?

■一定の予算の中でより効果的な配分を考えるのならば、需要期に多く(大きく)、
シーズンオフは、少なく(小さく)あるいは、掲載を休むなどして、
より需要ヴォリュームに連動した計画と予算組を考えるべきです。

■3.4月の卒業進学シーズンや、年末商戦時期に合わせ、
また独自にキャンペーン期間を設定し、そこに合わせた広告展開を、
計画的に準備しより高い効果を目指します。
年間の広告プランは、媒体(出版社)サイドとのコミュニケーションがとりやすいですし、
また、計画的な広告オペレーションスキルを蓄えることが出来ます。

◆チェック・ポイント⑥◆
◎効果的な広告をリピートし効果を拡大する!
◎効果的な媒体選択と年間予算化する!
◎年間広告プランの実施で最大効果を引き出す!