(1)集客のための広い意味での広告とは?

■集客の為の広告ですから、メディアを使って露出させる、
ごく一般的な広告を含む、広い意味での広告です。
ラジオ、テレビ、新聞、雑誌、看板、交通広告、など、媒体によって訴求する本来の広告をはじめ、
カタログ、チラシ、DM、などの販促ツールやノベルティー、キャンペーン・グッズなどの販促物、
そして、ネット上のHP、メールマガジン、ブログなどを含む広い意味での広告。

(2)広い意味での広告にとって重要なポイントとは?

■小冊子を販促ツールとして使う、集客の仕方がありますが、
その小冊子を有効に配布するのには、DM、FAXDM、やメルマガ、ブログ、
HPも含めた広告活動が必要。

■集客の為には広告活動が基本である。
マーケティングが、顧客を営業マン(販売員)の前につれてくることであるならば、
広告こそマーケティングにとって、最重要な集客戦略だと言える。

(3)広い意味での広告に必要な事とは?

■集客は、営業マンが集客する方法もありますが、
雑誌広告だけでなく、DMやネットでのアクセスアップ、TVやラジオ、新聞、看板、交通広告等、
いろいろなメディアで展開する広告がやはり一番効果的で、有効な方法です。

■雑誌広告を出すには、費用が必要ですから、
「広告は投資」と言って差し支えないのです。
費用対効果(ROI)の良い方法を選べなければなりません。

(4)雑誌広告マーケティングにおける問題点とは?

■自社にあった商品やサービスの為の広告は何がメディアとして最適であるか、
又その組み合わせは、そしてそのためのメッセージはどうあるべきか、
理解することは、必須の企業戦略といえます。

■広告の種類、つまり媒体の種類や特性、組み合わせ、
期間の設定、時系列な展開、などの方法論。
メディアに露出させるメッセージのデザインやコピー・ライティングなどのコンテンツ。
これらについて習熟してなければ、良い費用対効果(ROI)を得ることは出来ません。

■この広告についての戦略を手に入れることこそ、集客において、
競合他社に勝つ唯一絶対の方法なわけですから、
十分に学習し、検証し、実施によるデータを検討するなどして、
自社の広告戦略を開発しなければなりません。

◆チェック・ポイント②◆
◎広告こそマーケティングにとって最重要な集客戦略!
◎広告は投資です!
◎広告の費用対効果はビジネスの根本的な仕組みを左右する!