(1)販促チラシとは?

■販売促進ツールとして、チラシ、パンフレット、カタログ、DM、
ポスターなどの印刷物系の販促物が主に、使われます。
自社の商品やショップについて、スペースやメディアからの制限などなく、
その魅力について表現することができるからです。

■チラシは、新聞折込やポスティング、
あるいは店頭や駅での手配りなどで配布するのですが、
地域の絞込みを徹底することができます。
エリアマーケティングが必要なビジネスをされている方には好都合です。

(2)販促チラシに必要な事とは?

■それぞれの印刷物には、それなりの見せる為の、
あるいは購買に結びつくような問い合わせを増やすためのテクニックがあります。
そこに見せるテクニックや、ひきつけるコピーのテクニックがあるからです。

■例えば、高額な商品を販売したければ、その隣にもっと高額で、
とても引き合いなどきそうの無いとんでもない商品をわざと掲載するのです。
すると、消費者は売ろうと思う高額商品をそれほど高いとは思わなくなるのです。
それは隣にある更に高い商品との比較から受けるイメージが、
そう思わせるからなのです。

☆仏具・仏壇のお店で、そのチラシにとんでもなく高い仏壇を掲載しておくと、
かなり高額な仏壇に注文が入ると言うケースがあったそうです。

(3)販促チラシにおける問題点とは?

■誘店の為には、地図が大きくわかりやすいことが大切です。
よくデザイン優先でかっこよくシンプルだけど、
わかりにくい地図がありますが、良くありません。

■チラシの中のコピーに、愛情、幸せ、成功、
などをイメージさせる言葉を入れておくことは、大変効果的です。
その商品やショップに親近感を与え、問い合わせしやすくなるからです。

■それぞれの細かいスキルの積み重ねが、
チラシやパンフの効果を高めていくことができるからです。

◆チェック・ポイント⑦◆
◎効果的な印刷物系の販促物にはテーマに従ったテクニックが必要!
◎それぞれの細かいスキルの積み重ねでチラシやパンフの効果を高める!