(1) 記事広告(編集タイアップ広告)とは?

■雑誌編集部が記事を制作し、
有料でクライアントの商品・商材・サービスを、
雑誌の紙面上に露出させるスタイルの広告です。
そのため、読者側から見ると、記事紹介のページを見る感覚で、
広告を感知するので、訴求力の強い、広告効果を発揮します。

(2) 記事広告(編集タイアップ広告)における重要ポイントとは?

■雑誌編集部が制作するため、
その制作費が媒体資料の料金表に表示されている雑誌のケースでは、
1ページあたり、¥300,000が標準的な金額ですが、多少の前後があります。
その場合、広告掲載料は通常の広告掲載料金が加算されることになります。

■各専門雑誌の記事広告(編集タイアップ広告)の制作費が、
有料とは限らず、広告界掲載料に含まれる場合も多数あります。
その場合、制作費は掲載料に含まれていることになります。

(3) 記事広告(編集タイアップ広告)における問題点とは?

■記事広告(編集タイアップ広告)が安価に提供されることがありますが、
その場合は、媒体資料に記載の通常広告(純広告)と合わせて取り扱われるか、
通年の広告クライアントであることなどが条件となります。

■広告クライアントにとって大変有利な効果的な記事広告(編集タイアップ広告)を
掲載可能ですが、その為には、
レギュラー(定期出稿)・クライアントであることが、
必要条件である場合がほとんどです。
なぜなら、記事広告(編集タイアップ広告)料金が、
媒体資料の料金表に表示されている雑誌への掲載は、
記事広告(編集タイアップ・ページ)のみの単独掲載が可能ですが、
通常広告(純広告)と合わせて掲載されるケースでは、
各雑誌の記事内容や特集記事に合わせて、
記事広告(編集タイアップ広告)が制作されることが多く、
そのため、各雑誌の広告営業担当者を通して、
各雑誌の編集の進行に伴う、
記事の企画・特集内容を把握する必要があるからです。

■記事の企画・特集内容に必要な商品・商材・サービスである場合、
通常広告を必要とせず、大変有利な条件で、
記事広告(編集タイアップ広告)を掲載可能な時があります。
そのためには、編集記事の企画・特集内容を把握しなければならず、
雑誌広告担当者との通年での情報交換が必要なため、
その業務に精通した、広告代理店担当者による情報提供が重要になります。

(4) 記事広告(編集タイアップ広告)の有効活用と成果とは?

■記事広告(編集タイアップ広告)は、
その雑誌記事との親和性が強く、
記事との判別が付き難く、通常雑誌読者は、
広告としてではなく、記事内容として、
閲覧するので信頼性が高く、
購買の動機付けに有効です。

■雑誌からのメッセージとして受け取られる、
記事広告(編集タイアップ・ページ)は、
制作費を負担しなければならず、
或は、編集企画情報の必要性など、
通常広告にない価格差や手続きの煩雑さがあるものの、
それらのハードルを越えることで、
優れた広告訴求効果を得ることができます。

●今日の検証(Check)
・記事広告の効果を理解しているか?
・記事広告の仕様を把握しているか?
・特集記事と記事広告の情報を入手できるか?
●今日の改善(Action)
・記事広告と通常広告(純広告)の違いを理解する!
・記事広告の仕組みを理解する!
・記事広告と通常広告(純広告)を効果的に実施する!