(1) 見込み客フォローの施策とは?

■集めた見込み客リストに情報提供し、
見込み客の購買意欲を高めます。

■小冊子、ニュース・レター、FAX・レター、
メール・マガジン、などのPush型のツールや、
ブログ、WEBサイト、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)、
などのPull型のツールがあります。

■これらは、ボリュームやその頻度によって、
多くの情報を提供できるツール・仕組みです。
多くの情報提供により、見込み客との接触頻度を上げ、
親和性を高められるのです。

(2) 見込み客フォローの施策の重要ポイントとは?

■提供する情報の量(ヴォリューム)、
回数(フリークエンシー)、質(クオリティー)です。
より多くの情報を受けることで、
見込み客は、
その商品・商材・サービスに親近感を感じるようになります。

■見込み客フォローは、それはより多くの情報により、
その商品・商材・サービスに対する理解が深まり、
親和性を高めることが目的です。

■より多くの役に立つ情報提供こそが、
見込み客フォローの重要な課題です。

(3) 見込み客フォローの施策に必要なこととは?

■提供する情報をお客様の興味を引く、
お客様の役に立つ、
内容(コンテンツ)にすることです。

■小冊子の内容は、お役立ち情報が必要で、
ニュース・レターは、
毎回読んでもらえるキャッチ(つかみ)が冒頭に必要です。

■商品・商材・サービスに見込み客の注意をひきつけ、
購買温度を高めることができるコンテンツが必要です。

(4) 見込み客フォローの施策における問題点とは?

■提供する情報の量(ヴォリューム)、
回数(フリークエンシー)、
質(クオリティー)における問題点です。

■情報の量(ヴォリューム)は必要充分であるか?
回数(フリークエンシー)は、適正な頻度か?
質(クオリティー)は、興味を引き役に立つか?
上記3点を解決することが必要です。

(5) 見込み客フォローの施策がもたらす成果とは?

■見込み客の購買意欲を高めることです。
見込み客への適切な情報提供は、
商品・商材・サービスへの親和性・好感度を高め、
購買への障壁を下げることができます。

■商品・商材・サービスを熟知させることで、
購入意欲は高まり、動機付けすることで、
成約へ結び付けられるのです。

■商品・商材・サービスに好意的な見込み客育成こそ、
新規顧客獲得への近道(ショート・カット)なのです。

●今日の検証(Check)
・必要充分な情報提供をしているか?
・回数(フリークエンシー)、質(クオリティー)は、適切か?
・商品・商材・サービスへの親和性・好感度を高められているか?
●今日の改善(Action)
・豊富な情報を提供する!
・適切な接触頻度を保つ!
・親和性・好感度を高める情報提供をする!