(1) 見込み客フォローのツールとは?

■Push型のツールは、小冊子、ニュース・レター、FAX・レター、メール・マガジン、
Pull型のツールは、ブログ、WEBサイト、
SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)、などがあります。

■それぞれのツール制作のスキルがあり、
Push型のツールは、送り先リストを増やす施策が必要です。
Pull型のツールは、アクセスを増やす施策が必要です。

(2) 見込み客フォローのツールの重要な点は?

■それぞれのツールの特性による、最適化です。

■小冊子は、商品・商材・サービスのための、
テーマ、構成・展開、ストーリーが必要です。
ニュース・レターは最初に、興味を引く強いアテンションのある記事が必要です。
FAX・レターは、1~2ページにまとめ、
重要なトピックを1~2点に絞る必要があります。
メール・マガジンは、役に立つメイン・コンテンツ、タイムリーなトピックス、
告知(広告)など構成し、読まれるメルマガでなければなりません。

■ブログは、できる限り更新頻度を上げ、
リピートする来訪者を増やし、
検索エンジンに上位表示されるテーマが必要です。
WEBサイトは、コンテンツをできる限り増やし、
それぞれが、検索エンジンで上位表示される施策(LPO)が必要です。
SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)は、
書き込み頻度を上げ、テーマを絞ることで、
その属性を差別化する必要があります。

(3) 見込み客フォローのツールに必要なこととは?

■それぞれのツールに必要な、リスト収集が必要です。

■小冊子、ニュース・レターは、
送付のために見込み客の住所、氏名が必要です。
FAX・レターは、見込み客のFAX番号が必要です。
メール・マガジンは、見込み客のメール・アドレスが必要です。

■ブログ、WEBサイトは、
検索エンジンからのアクセスの増加は必ず必要な課題です。

■ブログは、アクセスを集めるための、
検索キーワードを含むタイトル、コンテンツが必要です。
WEBサイトは、基本的なSEOの施策による“ビッグ・ワード”での検索エンジン上位表示と、
よりコンバージョン率があがるための、属性の重なり合う、
検索エンジンで上位表示される施策(LPO)が必要です。

■SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)は、
それぞれの仲間(Mixi:マイミク、Twitter:フォロアー、
Facebook:友達)を増やす施策が必要です。

(4) 見込み客フォローのツールの問題点は?

■各ツールで見込み客を集めるための施策が違い、
それぞれに対応しなくてはなりません。

■顧客リスト収集のための施策とは、
アクセスを集める施策と共に、
そのリストを貰うためのオファーを使った、
2ステップの、
ダイレクト・レスポンス・マーケティングの手法が必要になります。

■SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)は、
それぞれの仕組みの中で、仲間を増やし、
見込み客との関係性を強めなければなりません。

(5) 見込み客フォローのツールがもたらす成果とは?

■各ツールのリターンを改善し、効果を高めることです。
見込み客との関係性の構築です。
それぞれのツールが、見込み客との接点を増やし、
その関係性を強化することができます。

■見込み客フォローのツールは、
見込み客のリストを増やし、
情報提供により、
見込み客の親和性や好感度を上げることができ、
販売・成約への可能性を高めることができるのです。

●今日の検証(Check)
・各ツールの特性を理解しているか?
・それぞれのツールに適した施策(スキル)をもっているか?
・Push型のツール、Pull型のツールを理解しているか?
●今日の改善(Action)
・各ツールの特性を理解する!
・見込み客フォローのツールの属性に合った施策を行う!
・Push型のツール、Pull型のツールを理解する!