(1)専門誌の業界別属性とは?

■雑誌は、本屋で買える一般に流通・販売されている雑誌と、
定期購読を主とする、業界専門誌に大別されます。
一般雑誌は、書店やネット書店で購入可能なため、
一般消費者向けの媒体であり、
業界雑誌は、発行元の出版社からの直接購入が主な購買方法となるので、
B to B(業者間取引)向けの媒体と言えます。

■一般雑誌は、その中で、
【総合・一般】 【家庭・生活】 【趣味・レジャー・アミューズメント】
【教育・学習・教育指導】 【経済・ビジネス】 【コンピュータ】
【国際誌・日本紹介誌】 などに分類されます。
※月刊メディア・データ 一般雑誌レート&データ版による

(2)専門誌の業界別属性の重要性とは?

■上記のカテゴリーは、
その中で5~19程度の更に各ジャンルに分類されます。
【趣味・レジャー・アミューズメント】のジャンルは、
19項目に分類されます。

・自動車 ・オートバイ ・映画/ビデオ ・コンピュータゲーム
・アニメ ・鉄道/航空 ・写真/カメラ ・芸能/演劇/ダンス/バレエ
・ペット ・手芸/編み物 ・囲碁/将棋 ・無線/模型 ・観光/旅行
・交通時刻表 ・ギャンブル ・パズル/クロスワード ・音楽 ・コミック

■音楽は、更に、
洋楽 邦楽 ジャズ/クラシック AV機器
などに分類されるのです。
これらの、分類は、それぞれのマーケットを
選択するうえで、大変重要です。
なぜなら、特定のマーケットを即座に抽出することができるからです。

(3)専門誌の業界別属性はなぜ必要か?

■特定のマーケットの狭い領域で媒体を選択できることは、
見込み客にアプローチする為の広告プロモーションに、
必要な到達率を、最大化できるのです。

■そのためには、より細かいジャンル分けにより、
その精度を上げられるのです。
的確なジャンル選択が、
より確度の高い見込み客アプローチにつながるのです。

(4)専門誌の業界別属性における問題点は?

■あまりにも数多いカテゴリーの分類があり、
適確なジャンル選択を誤ると、
いちじるしく広告コンテンツ(メッセージ)の到達率が落ちてしまい、
効果が無くなってしまうからです。

■近接カテゴリーの選択は、
ターゲットを拡大するために必要な時もありますが、
中心となるジャンル選択を間違えては意味がありません。

(5)専門誌の業界別属性がもたらすものは?

■各ジャンルでの媒体選択が特定のマーケットでの、
マーケティング活動を的確に推進し、
その効果を最大化できるのです。

■広告プロモーションの費用を押し下げ、
広告原稿のコンテンツを的確な見込み客へ、
リーチ(到達)させることができるからです。
専門誌の業界別属性によって細かく分類され、
選択された媒体こそが、
特定業界のプロモーションに必須だからです。

●今日の検証(Check)
・自社のプロモーションに必要なジャンルを選択できているか?
・自社の業界カテゴリーを把握しているか?
・自社に必要な媒体ジャンルを理解しているか?
●今日の改善(Action)
・自社のプロモーションに必要なジャンルを選択する!
・自社の業界カテゴリーを理解する!
・自社に必要な媒体選択をする!