(1)商品(製品)広告とブランディング(イメージ)広告とは?

■商品(製品)広告とは、商品・商材・サービスの仕様を主として、
特徴や優位性を訴求する広告です。
ブランディング(イメージ)広告とは、商品・商材・サービスの優位性を訴求するために、
イメージ(写真・イラスト)を中心としたヴィジュアルな広告です。

■商品(製品)広告は、
商品・商材・サービスについての説明的な写真(イメージ)や文章(コピー)による、
内容(コンテンツ)の項目が多いタイプの広告です。
一方ブランディング(イメージ)広告は、
インパクトの強い写真(イラスト)をメインとしたグラフィックな広告です。

(2)商品(製品)広告とブランディング(イメージ)広告の重要性とは?

■商品(製品)広告は、商品・商材・サービスの特徴・優位性を、
雑誌広告の読者に十分に理解してもらうための広告です。
ブランディング(イメージ)広告は、
雑誌広告の読者に商品・商材・サービスについて認識してもらい、
強く記憶に留めてもらうために有効です。

■それぞれの特徴をよく理解し、効果的な主広告を展開するために、
広告原稿を制作する前にそのコンセプトとともに決定すべきです。

(3)商品(製品)広告とブランディング(イメージ)広告の必要な事とは?

■商品(製品)広告には、詳細な仕様や価格表示、地図など、
具体的で明快な内容(コンテンツ)表示が必要です。
内容(コンテンツ)を中心に構成・レイアウトすることで、
テキストが多い広告となる傾向があります。

■ブランディング(イメージ)広告には、
強い印象を与えることのできるヴィジュアルが必要です。
雑誌広告の閲覧者にそのイメージを決定づけられるような、
ヴィジュアル(写真・イラスト)を準備することが要です

(4)商品(製品)広告とブランディング(イメージ)広告における問題とは?

■商品(製品)広告とブンディング(イメージ)広告の2つの要素を持った
広告もあるのですが、それぞれの効果を発揮できず、
読者に有効なメッセージを伝えられずに終わってしまうケースがあります。

■広告制作コンセプトを決定する際に、どちらかのスタイルを選び、
限られたスペースの中で有効な雑誌広告の制作をすべきです。

(5)商品(製品)広告とブランディング(イメージ)広告の成果とは?

■商品(製品)広告は、商品・商材・サービスの優位性を詳細に伝えることができ、
ブランディング(イメージ)広告は、
商品・商材・サービスに強い付加価値を与えることができます。

■それぞれの広告の役割を担い、見込み客に向けて、
的確な広告スタイルを選択し実施できれば、より効果的な原稿制作が行われ、
集客・ブランディングへの高いパフォーマンスを発揮することができます。

●今日の検証(Check)
・商品(製品)広告・ブランディング(イメージ)広告を理解しているか?
・商品(製品)広告・ブランディング(イメージ)広告の必要条件を満たしているか?
●今日の改善(Action)
・商品(製品)広告・ブランディング(イメージ)広告の要件を満たす!
・商品(製品)広告・ブランディング(イメージ)広告の適切な選択をする!