(1) リピートとは何か?

■顧客に対する継続販売です。
初めて成約したお客様が再度、
或いは継続的に購買してくれることです。

■リピートは、お客様が商品・商材・サービスを信頼し、
売り手を信認しなければ実現できません。

■リピートとは、
顧客との信頼関係が構築された結果行われるのです。
商品・商材・サービスや、
営業・接客活動の中で築かれた信頼関係が、
リピートを生むのです。

(2) リピートの重要性とは?

■売上の拡大です。
初回販売だけで終わる顧客と、
継続的な販売が可能な顧客では、
その売上は、継続回数分だけ売上が加算されるからです。

■繰り返し販売できる顧客を獲得できることは、
売上をその継続回数に比例して、
売上を伸ばすことができるのです。
リピート客を確保できることは、
売上を伸ばすための大変重要な課題なのです。

(3) リピートに必要なこととは?

■顧客との信頼関係です。
商品・商材・サービスとその営業・接客活動により、
お客様が、商品・商材・サービスについて、
或いは、その組織・会社・企業を信頼できると判断することで、
信頼関係が築かれるのです。

■商品・商材・サービスや営業・接客活動を、
顧客がその価値を認め、必要充分であると満足しなければ、
リピート(継続販売)することはできません。
そのための信頼関係を築くだけの、
顧客満足を与える努力・実践が必要です。

(4) リピートにおける問題点とは?

■顧客満足を得られず信頼関係を築けないことです。
必要充分な顧客満足とは、顧客の想像・思いを越えた、
商品・商材・サービスや営業・接客活動によって生まれるのです。

■商品・商材・サービスや営業・接客活動が、
顧客の要求とイコールでは、
大きな顧客満足は得られません。
そこには顧客の想像を超える、
商品・商材・サービスや営業・接客活動が必要なのです。

(5) リピートがもたらす成果とは?

■初回成約の顧客をリピーターにすることで、
その継続回数分だけ売上を伸ばすことができます。
リピート(継続販売)の獲得は、
売上を拡大するために必要不可欠な仕組みです。

■既存客が、継続取引客となることで、
売上は安定し、さらに新規客の獲得を目指すことで、
売上を継続的に拡大できるのです。
リピートは、営業・販売戦略にとって、
大きな成果(売上)をもたらします。

●今日の検証(Check)
・顧客との継続取引ができているか?
・顧客満足によるリピートを獲得できているか?
・リピートのための行動をしているか?
●今日の改善(Action)
・初回成約を継続取引にする!
・顧客満足を高めリピートを獲得する!
・リピートする商品・商材・サービスの提供、営業・接客活動を行う!