(1)キャラクターとは?

■広告に、アイキャッチを強力にするために、タレントを起用したりしますが、
最も分かりやすいキャラクター使用の例です。
最近は、お笑い系のタレントさんをCMに登場させるスポンサーが増えていますね。

■映画俳優、タレント、噺家、歌舞伎役者、スポーツ選手、学者、モデル、
ミュージシャン、マジシャン、・・・・
人ではなくて、動物、アニメの登場人物、架空の人物(スーパーマン、バットマン、
ウルトラマン)、漫画のキャラ、・・・・
ずばりその商品のためだけにだけ、創りあげるオリジナルなキャラクターもいっぱいあります。
さらに、ランドマークや、歴史的な建物や風景などを採用する場合もあります。

(2)キャラクター導入の重要ポイントとは?

■それぞれのキャラクターを採用することにより、注目度を一気に引き上げるのが目的です。
ただし、それぞれのランクに応じたコスト(費用)がかかりますので、
それなりの予算を、計上できるだけのプランを持つ必要があります。
強いアイキャッチを得るための、即効性の高い手法ですから、費用もかかるというわけです。
しかし、このキャラクターが強ければ強いほど、その注目度に依存できるわけです。

■商品やサービスが例え無名であっても、十分にアイキャッチすることが出来るので、
その効果は劇薬のようだといえます。
ですから、尚のこと、商品やサービスと採用するキャラクターとのマッチングは、
十分に検討されねばなりません。
同一のテイスト、コンセプトを持つキャラクターを必要とすることは、言うまでもありません。

◆チェック・ポイント◆
◎キャラクターを採用することにより、注目度を一気に引き上げるのが目的です。
◎同一のテイスト、コンセプトを持つキャラクターを必要とします。