(1) オファー・プレゼントとは?

■集めたアクセスから住所、氏名、TEL、FAX、
メール・アドレスを得るための有益な情報提供です。

■商品・商材・サービスを必要とするマーケットで、
有益な情報を小冊子、E-book、音声CD、動画配信、
等にパッケージし、無料配布するために必要です。

■スタイルにこだわらず、
いろいろなフォームに対応できるほうが機会を逃しません。

(2) オファー・プレゼントの重要性とは?

■見込み客フォローのための情報の収集に不可欠です。
オファー・プレゼントのクオリティーにより、
見込み客情報の獲得数が増減するからです。

■オファー(プレゼント)は、
アクセスや告知(メルマガ広告、DM等)により、
問い合わせを得るために重要性です。

■2ステップのダイレクト・マーケティングでは、
その良し悪しが結果となって現れます。

(3) オファー・プレゼントに必要なこととは?

■その商品・商材・サービスのマーケットでの、
役に立つコンテンツの質と鮮度です。

■情報コンテンツのブラッシュ・アップを重ね、
常に情報の鮮度を保ち、
時代の変化スピードに遅れないことが大切です。

■オファー(プレゼント)に必要なことは、
見込み客にとって魅力的であることです。

(4) オファー・プレゼントの問題点とは?

■見込み客にとって、
情報に鮮度がなく魅力的に映らないことです。
たとえ無料でも、魅力的なければ、
申し込んでもらえないからです。

■情報は日に日に古くなってしまいます。
その為には、常に改訂し書き換え、
ヴァージョン・アップさせなければなりません。

■仕組みやそれぞれのツールにあわせ、
時代の変化に合った情報(コンテンツ)が要求されるのです。

(5) オファー・プレゼントがもたらす成果とは?

■問い合わせであり、見込み客データの集積です。
見込み客データの収集は、
その後の販売マーケティングが、
成功するかどうかを左右するのです。

■いかに多くの見込み客データを収集できるかが、
オファー(プレゼント)によって決まります。

■オファー(プレゼント)がもたらす成果とは、
最終的な販売成果を押し上げる基本となるのです。
良いオファー(プレゼント)は、
見込み客データをより多く集められるからです。

●今日の検証(Check)
・オファー(プレゼント)は魅力的であるか?
・オファー(プレゼント)はマーケットにマッチしているか?
・オファー(プレゼント)は時代にマッチしているか?
●今日の改善(Action)
・オファー(プレゼント)から問い合わせを得る!
・オファー(プレゼント)を最新にする!
・オファー(プレゼント)を有益なマーケット情報にする!